窓ガラスから侵入を軽減できるガラスフィルムを貼って防犯対策。

ナビゲーション

HOME > 防犯対策

防犯対策

防犯対策
侵入犯の多くは住宅の窓ガラスを破って侵入するケースで、侵入の手口全体の40%にも達しています。
普通の窓ガラスは泥棒の手に掛かるとほんの一撃で破られてしまいます。
防犯フィルムでドライバーやハンマーでも破られにくいガラスにしましょう。

侵入犯は住宅の窓を狙っています

侵入の手口 侵入を諦める時間

防犯フィルム効果

侵入者の大半は、5分以上侵入に時間がかかる場合はあきらめる事が大半といわれています。
侵入者の代表的なガラス破りの3つの手口(こじ破り、打ち破り、焼き破り)に対し、防犯フィルムを貼っていると貫通に要する時間を長引かせます。

こじ破り

ドライバーを使い、大きな音を立てないようにガラスをこじって割り、手が入る大きさまで開口する。

打ち破り

バールを使ってガラスを割り、ガラス片を突き落としてから、手が入る大きさまで開口する。

焼き破り

ガラスをガスバーナーで加熱して割り、ガラス片を突き落として手が入る大きさまで開口する。

防犯性能効果(当社使用防犯フィルムにて)

打ち破りについては8回以上、こじ破り及び焼き破りについては5分以上の抵抗性能を示しました。

ガラスフィルム.jp
運営会社:株式会社 マエダテクノ
住所:兵庫県伊丹市森本3丁目146-2
TEL/FAX:072-777-0128
SEO対策 大阪 住宅リフォーム